名古屋 ブランディング 健康経営

COLUMN 2019.09.12 UP

仕事体験で私が感じたこと(夏のインターン生より)

名古屋学芸大学 デザイン学科 ビジュアルコミュニケーションデザインコース
山口 紀佳

InstagramでLENSを知っており、とても楽しみにしていたインターン。この5日間のインターシップ中はイベントが多い一週間だった。

その中のシェアイン食堂という周辺企業と社員食堂をシェアするというイベントでは、もう1人のインターンと一緒に、入り口の看板のイラストを描いた。野菜の周りにツルを生き生きと生やすことで楽しそうな雰囲気と他社・他者との繋がりを表した。自分の描いたイラストがいろんな人に見てもらえ、目印となったことが素直に嬉しかった。

仕事中は写真の切り抜きや、パスどり、チラシの骨組み、カット作業などを行った。キラキラと見えた最初の印象とは異なり、地味な作業の積み重ね。その作業が仕事に繋がる過程を実際に体験した。作業には細やさと共に、集中力が必要となる。一人で集中した後、周囲と雑談でコミュニケーションを取る。
この切り替えが仕事をしていく上で大事になっていくんだなと感じた。「仕事楽しいですか?」という質問に対し、すぐに「うん、楽しいね」と返ってきて、それはとても印象的な瞬間だった。私も近い将来そう言えるように仕事をしていきたいし、そんな環境に身を置けるようにこれから自分自身がもっと力をつけていかなければと思った仕事体験だった。

PROFILE

ファッション、アクセサリー、メイクが好き。UX、UIデザインで「幸せな環境」をつくるデザイナーになりたい。